保育士試験の受験資格を得るための実務経験の積み方とは?【高卒・中卒】

保育士試験の受験資格を得るための実務経験の積み方とは?【高卒・中卒】これから保育士を目指す方【無資格・未経験・ブランク復帰】

2020年3月の最新情報 掲載中!!
来年度の求人が増えている時期です。求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見て 11人 の方がマイナビ保育士に登録しています。(直近1週間)


東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

こんにちは。現役の保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職エージェントを活用していました。「マイナビ保育士(首都圏限定)」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

保育士の転職エージェントは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。
  • マイナビ保育士|※ 首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定ですが、首都圏では最大級で大手なので信頼できます。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育情報どっとこむ|※日本全国の保育士の求人に対応しています。派遣の求人も紹介してくれます。自社の派遣保育士がいるので、保育園の内部情報にも強いです。
紹介できる求人などに差があるため転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

これから保育士を目指している方。大学や専門学校を出ていない高卒・中卒の方でも実務経験を経ることで保育士試験の受験資格が与えられます。

では一体どのような方法、場所で実務経験を積むことで保育士資格を取得する試験への受験資格が与えられるかを紹介します。

同時にそのような無資格の方が実務経験を得れる求人の探し方も紹介します。

本記事の内容

  • 保育士資格を取得するメリット
  • 保育士の資格をとるには?
  • 保育士試験の受験資格とは?
  • 実務経験を満たすための労働時間は?
  • 実務経験に認められる施設は?
  • 実務経験を積むことができる求人を探す方法は?

※このページを見て 11人 の方がマイナビ保育士に登録しています。(直近1週間)

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

保育士資格を取得するメリット

大前提として、保育士の資格が無資格でも保育補助として保育園で働くことは可能です。無資格での就業に関しては以下の記事でも紹介しています。

無資格で保育園で働く場合は、就業場所の選択肢が少なく、結果的に低い待遇でしか働けない場合もあります。

ここでは保育士資格を取得するメリットを紹介します。

保育園には、児童の人数に対して必要な保育士の最低の人数が決められています。そのため保育園には、必ず保育士資格を持った人員が必要です。

保育士資格があればパートであっても、無資格より高い時給で働くことができます。

昨今では保育士不足が深刻なため、保育士として保育施設に就業すると様々な補助や待遇改善も受けることができます。

保育士向けの処遇改善費や宿舎借り上げ制度などがその例になります。

保育士資格があると待遇面ではかなり安定することができると思います。

また、これらの制度はパートや派遣保育士での就業でも恩恵を受けることができる場合もあるので、正職員を目指している方でなくても保育士資格を取得するメリットがあります。

保育士の資格をとるには?

保育士の資格を取得するには「保育士試験を受けて合格する」もしくは「指定の保育士養成施設を卒業する」ことが条件になります。

保育士試験についての詳細は以下の記事でも紹介しています。

保育士試験は誰でも受験資格があるわけではなく、学歴や実務経験などの一定の条件を満たす必要があります。

保育士試験の受験資格とは?

保育士試験を受けるための必要条件は以下のようになっています。

学歴実務要件
大学卒業
大学在学中・中退2年以上在学/62単位以上修得
短期大学卒業
短期大学在学中○(年度中に卒業)
専門学校卒業学校教育法に基づいた専修学校であること/卒業した課程が修業年限2年以上の専門課程であること
専門学校在学中学校教育法に基づいた専修学校であること/卒業した課程が修業年限2年以上の専門課程であること(年度中に卒業)
高等学校卒業平成3年3月31日以前に卒業、もしくは、2年以上かつ2880時間以上の保育関連の実務経験
中学卒業5年以上かつ7200時間以上の保育関連の実務経験
海外の学校卒業別途、受験資格の事前確認が必要

この図にあるように、高等学校卒業、中学校卒業の方の場合は保育関連の施設での実務経験が必要になります。

「児童等の保護又は援護に従事」した場合が対象です。

ちなみに、保育とは関係のない学部や学科でも受験資格が認められます。

実務経験を満たすための労働時間は?

高卒、中卒の方は保育士試験を受験するのに、別途実務経験の要件が存在します。

高卒、中卒の方でそれぞれどのような勤務時間で実務要件を満たすことができるかを紹介します。

  • 高等学校卒業:2年以上かつ2880時間以上の保育関連の実務経験

一日8時間の勤務で月15日の勤務で最短の2年間で要件を満たすことができます。

  • 中学卒業:5年以上かつ2880時間以上の保育関連の実務経験

一日8時間の勤務で月15日の勤務で最短の5年間で要件を満たすことができます。

正社員で雇用されれば、通常はこの条件を最短期間で満たせると思います。パートであれば月120時間の勤務が目安になると思います。

実務経験に認められる施設は?

実務経験に認められるのは、対象の施設で「児童等の保護又は援護に従事」した場合が対象です。

対象の施設で雇用されていても「児童等の保護又は援護に従事」とは異なる業務に従事した場合は実務経験には認められません。

保育補助の仕事は「児童等の保護又は援護に従事」に該当する場合が多いと思います。実際に保育士試験の受験要件のための実務経験を積みたいという場合は、事前に保育施設に確認をすることをおすすめします。

実務経験に認められる施設

児童福祉法第7条に基づく児童福祉施設が対象です。

  • 保育所(利用定員20名以上)
  • 保育所型認定こども園
  • 幼保連携型認定こども園
  • 児童厚生施設(児童館)
  • 児童養護施設
  • 助産施設
  • 乳児院
  • 母子生活支援施設
  • 障害児入所施設
  • 児童発達支援センター
  • 児童心理治療施設
  • 児童自立支援施設
  • 児童家庭支援センター

幼稚園や幼稚園型認定こども園や地域裁量型の認定こども園が対象になっていない点に注意が必要です。認定こども園の違いなどについては以下の記事でも紹介しています。

また、定員19名以下の小規模保育事業もここには含まれていません。

この中で一番可能性があるのが、保育所(利用定員20名以上)になると思います。

実務経験になるかどうかは就業前に施設側にも確認したほうが良いでしょう。

別途都道府県知事の受験資格認定が必要な施設

以下の施設では別途都道府県知事の受験資格認定を受けることで実務経験に含めることが可能です。

  • 認可外保育施設(認証保育園、認定保育園 等を含む)
  • 小規模保育事業(小規模認可保育所 等)
  • 幼稚園型認定こども園
  • 地域裁量型認定こども園
  • 幼稚園(特別支援学校幼稚部を含む)
  • 家庭的保育事業(保育ママ 等)
  • 居宅訪問型保育事業
  • 事業所内保育事業
  • 放課後児童健全育成事業(学童クラブ・放課後児童クラブ・学童保育 等)
  • 一時預かり事業
  • へき地保育(特例保育)
  • 小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)
  • 障害児通所支援事業(保育所訪問支援事業を除く)
  • 一時保護施設
  • 放課後等デイサービス(児童デイサービス)
  • 院内保育
  • 企業主導型保育事業

認可外保育施設や企業主導型保育事業は認可保育園と比べると無資格でも就業しやすい傾向があると思います。

注意が必要な点は、必ず受験資格が認められるわけではないというです。

特に法人がすでに解散されていたり設置者が消失していた場合などは認定されない場合があります。(就業を証明することができないため)

受験資格認定を受けた都道府県でのみ受験できます。
受験申請する都道府県を変更する場合は変更を希望する都道府県にて改めて受験資格認定を受ける必要があります。
なお、合格後は全国で働くことが可能です。(地域限定試験に合格した場合は除く)

受験申請には受験資格認定証を提出する必要があります。
受験申請時(主に 1 月と 7 月)に受験資格認定証のコピーを提出する必要がありますので、それまでに受験資格認定証の交付を受けてください。
なお、受験資格認定の手続きには時間を要する場合がありますので早めに申請を行ってください。申請に不備・不足がある場合は通常の手続きより時間を要する場合がありますので、申請書類等には不備・不足がないことをよく確認し認定申請を行ってください。
受験申請期限までに受験資格認定証の交付が間に合わない場合、都道府県へ交付される日付を確認したうえで保育士試験事務センターにご連絡ください。

そして、受験資格認定は試験を受験する都道府県で受ける必要がある点にも注意が必要です。入職前に事前に都道府県に確認しておいたほうが無難かもしれません。

実務経験を積むことができる求人を探す方法は?

保育士試験の受験資格を得るための施設の求人探しでおすすめなのは「ほいく畑」です。

「ほいく畑」はいずれ保育士資格を取得したい無資格の方の就職支援が充実しています。無資格でも保育補助として働ける求人を紹介してくれます。

通常の求人紹介はもちろん、運営会社は保育士の派遣会社でもあるので、派遣社員として保育施設で働くという選択肢も可能です。

ほいく畑以外にも保育士の転職エージェントを利用して、就職先を探すのも効率が良いです。保育士の転職エージェントは保育士とのパイプも強いので、無資格で実務経験を積むことができる求人を見つけてくれるかもしれません。

  • マイナビ保育士|※ 首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定ですが、首都圏では最大級で大手なので信頼できます。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育情報どっとこむ|※日本全国の保育士の求人に対応しています。派遣の求人も紹介してくれます。自社の派遣保育士がいるので、保育園の内部情報にも強いです。
紹介できる求人などに差があるため転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

まずは「子育て支援員」資格を取るというのも有効

子育て支援員は、平成27年にスタートした「子ども・子育て支援新制度」の中で、保育関連の業務に就業する人のために出来た新しい資格です。

各自治体で実施している子育て支援員の研修を受けることで「子育て支援員研修修了証明書」の取得が可能です。

この証明があると無資格よりも保育関連の仕事に就ける可能性が高くなります。

※このページを見て 11人 の方がマイナビ保育士に登録しています。(直近1週間)

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの登録しておきたい就職転職エージェント

私がおすすめするのは、

  • マイナビ保育士|※ 首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定ですが、首都圏では最大級で大手なので信頼できます。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育情報どっとこむ|※日本全国の保育士の求人に対応しています。派遣の求人も紹介してくれます。自社の派遣保育士がいるので、保育園の内部情報にも強いです。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】【保育情報どっとこむ】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。

一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に住んでいる方限定の転職エージェントです。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

転職サイトは複数登録がおすすめです。

保育情報どっとこむ
保育情報どっとこむは全国各地に店舗があり毎月お仕事相談会を実施中。

日本全国どこでも転職支援に対応してくれます。

特におすすめなのは、宇都宮・高崎・つくば・新潟・大阪・福岡・広島・名古屋・仙台・札幌エリアです。

地方都市にも店舗を構えているので、地域の求人や保育士事情に詳しいです。

転職サイトは複数登録がおすすめです。

さらに欲張りな方には

  • 保育Fine! | 基本的にはサイト上で求人をみつけて自分で応募します。自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | 就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

の登録がおすすめです。

こちらは、転職エージェントとは違ってご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。

電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?

保育Fine!は他の保育士の求人転職サイトと違い、コンサルタントと電話でのやりとりは行いません。

基本的にはサイト上で求人をみつけて自分で応募します。自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)

きらぽんJOB
きらぽんJOBの口コミや評判。保育士と採用担当がダイレクトに繋がる。

1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)の保育士の方向けです。登録すると保育施設の採用担当者から直接スカウトが届きます。

保育士・幼稚園教諭・栄養士・管理栄養士・調理師・保育補助・児童指導員・児童発達支援管理責任者など幅広い資格職種に対応しています。

履歴書や職務経歴書の作成機能が充実していて、メールや郵送での書類のやり取りが不要!!総額300万円のお祝い金キャンペーンを実施中です!

ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。

就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

すべての求人が公開されており、すぐに応募することもできます。また、すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

これから保育士を目指す方【無資格・未経験・ブランク復帰】
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました