保育士が保育園の面接でなかなか採用してもらえない。理由と対処法は?


こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


これから就職や転職を考えている保育士の皆様。

  • 書類選考で落ちてしまう。。
  • 面接を受けても不合格になってしまう。。
  • 面接で手応えがまったくない。。

こんな状況に陥ってしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、保育士が保育園の面接でなかなか採用してもらえないという場合の理由や対処法について紹介します。

※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育士が保育園の面接でなかなか採用してもらえない。

保育士が保育園の面接でなかなか採用してもらえないということもあると思います。

  • 書類選考で落ちてしまう。。
  • 面接を受けても不合格になってしまう。。
  • 面接で手応えがまったくない。。

こんな状況に陥ってしまっている方もいらっしゃるかもしれません。何度も不採用になると自身も失ってしまいますよね。ですが、昨今は保育士不足なので、しっかりと対処すれば、面接に合格し採用してもらうことができると思います。

保育士が保育園の面接でなかなか採用してもらえない理由

まずは、保育士が保育園の面接でなかなか採用してもらえない理由や原因について紹介します。

保育園の求める人物像とあってない

保育士が保育園の面接でなかなか採用してもらえない原因のひとつとして、保育園の求める人物像とあっていないということが挙げられます。

  • 年齢
  • 性格
  • 経験
  • スキル
  • 役職

など様々な条件で新たに働く保育士を募集しています。フレッシュな若手を求めているという保育園もあれば、経験豊富なベテランを求めている保育園などもあります。当然ですが、保育園が求める要望とあっていなければ不採用ということになってしまいます。

経験が足りない

前項で、保育士が保育園の面接でなかなか採用してもらえない原因の一つとして「保育園の要望とあってない」ということを挙げました。もちろん、年齢や性格などについては、一概に〇〇が良いというようなことは言えません。ただし、一般的には経験やスキルに関しては、豊富な方が採用される可能性は高くなります。

保育士が面接の際になかなか採用してもらえないという場合は、保育士としての経験が少なかったり、未経験ということが原因になることもあります。保育園としては、経験がないときちんと働けるか、すぐに辞めてしまわないかということが心配になるので、どうしても経験が少ない人は採用されにくくなってしまいます。

面接での印象が良くない

保育園で面接を受ける際の印象も、面接の合否を大きく左右する要素になります。なかなか面接に合格しないという方は、なにか悪い印象を残してしまっている可能性があります。最初の挨拶の仕方や電話対応の仕方、服装、喋り方、履歴書の字などの様々な要素によって良くない印象がついてしまっているかもしれません。どんなに良い経験や経歴があっても、最初に良くない印象がついてしまうと、そこから面接では不合格にする理由を探されてしまうので、余計に不利になってしまいます。

他に良い応募者がいた

保育園の採用は、基本的に一人足りなくなった分を一人採用するということが多いです。そのため、求人募集のタイミングで複数の応募があった場合に、より良いと思われた人のみが採用されることになります。仮に自分自身がスキルも経験も豊富で、保育園としても良い人材だと思われたとしても、そのタイミングでたまたま別の良い応募者がいれば、そちらが優先されることになります。

【対処法】面接に合格し採用してもらう方法は?

ここからは保育士が保育園の面接でなかなか採用してもらえない場合の対処法について紹介します。

保育需要が高いエリアで求人を探す

保育需要が高いエリアは必然的に保育士の需要も高いです。保育士不足に陥っている保育園が多いということは、それだけ、募集のハードルを下げている可能性があります。未経験を歓迎したり、ブランクのある潜在保育士の方など、普通では面接で不利になりかねない要素がある方でも、採用してもらえる可能性が高くなります。

保育需要が高いエリアは、一般的に首都圏や大阪近郊、地方都市圏などが挙げられます。より詳細を知りたい場合は待機児童が多く発生しているエリアなどを調べると良いでしょう。

たくさんの求人に応募する

先程も書いたように、保育士の募集においてフレッシュな若手を求めているという保育園もあれば、経験豊富なベテランを求めている保育園もあります。例えば、自分の年齢が若いという場合に、経験豊富なベテランを求めている保育園ばかりに応募をしてしまっていると一向に採用してもらえないという状況になるわけです。そのような状況を避けるためには、たくさんの求人に応募するしかありません。こればっかりは、自分自身だけの問題ではなく、縁があるかないかの問題になるので、たくさんの保育園の選考を受けることが一つの対処法になります。

募集が出たらすぐに応募する

先程も書きましたが、保育園の採用は、基本的に一人足りなくなった分を一人採用するということが多いです。つまり、採用が決まったら募集は停止されます。保育園のなかには、一定期間募集をしてそのなかなか一番良い人を選ぶという園もあれば、良い人物が現れたらその段階で募集受付を停止する場合もあります。つまり、早い段階で応募をした場合、自分に採用が決まれば、その段階で採用活動を停止するということもあります。逆に、応募するかどうか迷ってぎりぎりまで応募しないと、いつの間にかに募集が停止されてしまっている何てこともありえます。

急募の求人を探す

続いての対処法は、急募の求人を探すというものです。

保育園は、急な退職者が出てしまった というような場合に保育士が足りなくなってしまったら、新たに保育士を採用する必要があります。園児を急に減らすことはできませんので、他の会社とは違い仕事量を減らして乗り切るなんてこともできません。

保育士の退職は3月の退職が多く、前もって保育士から園に伝えられることが多いです。その場合は、4月入職として余裕をもって採用活動を行うことが多いです。ですが、それ以外のタイミングでも急な退職者がでる場合もあります。そのような場合は翌月から働ける人を急に募集しなければいけなくなってしまうということになります。必然的に、採用する保育士をあまり丁寧選ぶということは難しいため、採用のハードルも下がるということになります。

もちろん、応募を行う保育士の目線だとその保育園に急な退職者が出たかどうかはわかりませんが、

  • 「急募」
  • 「即日入職可」

のような急ぎであるようなニュアンスの文言が書かれている場合は急募の求人だと言えるでしょう。

新設の保育園の求人に応募する

新しく開設される保育園は、基本的に何もない状態から出来上がるので、雇用される職員も一度に大量採用することになります。きちんと保育園を開くためには、開設までに必要な人数の保育士を集めなければいけません。当然ですが、一人退職者が出て一人採用することを考えている保育園と比較しても、採用される確率は高くなります。

パート保育士を検討する

基本的に正社員と比較した場合、パート保育士のほうが選考のハードルは下がります。パートは勤務時間も責任も正規と比べた場合に少ないので、正規の求人でどうしても採用されないという場合は、まずはパートで雇用されて経験を積んでから正規に転換や転職を考えると良いでしょう。

派遣保育士を検討する

保育士が保育園の面接でなかなか採用してもらえないという場合に検討したほうがよい雇用形態の一つが「派遣保育士」になります。派遣保育士として働くためには保育士の派遣会社に登録する必要があります。登録自体は、保育士資格を持っていれば基本的には問題ないことが多いです。その後はその会社に派遣の求人を紹介してもらうことになります。派遣の場合は、保育士本人と保育園の間で採用の面接等はないため、面接が苦手という場合でも、派遣会社の営業力などの手助けを受けることで保育園で働くことできます。

認可外保育施設の保育士求人を検討する

一般的には、認定こども園や認可保育園などの自治体に認可されている保育施設の求人のほうが人気である場合が多いです。保育士として働く上でも保育園が受け取る補助金の面などで安定して勤務することができるためです。認可外保育施設でも保育士の待遇などは充実している園もたくさんあるので、認可保育園の面接でなかなか採用してもらえないという場合は、認可外保育施設の求人募集も視野に入れてみると良いでしょう。

保育士転職サイトを活用する

最後の保育士が保育園の面接でなかなか採用してもらえないという場合のおすすめの対処法は、保育士転職サイトを活用するというものです。保育士転職サイトのなかには、登録すると担当者がその人にあった求人を探してきてくれて、保育園に質問などもしてくれるものがあります。事前に条件に合わない求人は選択肢として弾くことができるので、効率良く面接を受けることが出来ます。また、面接を受ける園の園長の人柄などについても詳しいこともあるので、面接での良い対応方法などを知ることもできます。また、履歴書の添削や面接のサポートなどもしてくれる場合があって、保育園の面接でなかなか採用してもらえないという方にも特におすすめになります。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強いおすすめの保育士転職サイトです。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。
  • ヒトシア保育| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。登録しないと得ることができない非公開の求人もたくさんあります。
  • ジョブメドレー保育士 | 全国対応でネット上から求人応募が可能です。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。自分のペースで転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。