【忠告】保育士になるのが夢という方に知っておいてほしい現実

【忠告】保育士になるのが夢という方に知っておいてほしい現実これから保育士を目指す方【無資格・未経験・ブランク復帰】

2020年9月の最新情報 掲載中!!
保育士求人は早いもの勝ちなので、迷っている方はなるべく早く転職サイトへの登録をおすすめします。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!


東京・神奈川・埼玉・千葉・広島・静岡の保育士転職なら【マイナビ保育】

こんにちは。現役の保育士のさえこ(@hoikushisaeko)です。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。

特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。「マイナビ保育士」や「保育ひろば」は求人数が多く、対応力が高いのでおすすめです。

保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。
  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。すべての求人をとりあえず見れるので自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

保育士になるのが夢という方。保育士になるのが夢という方に知っておいてほしい現実を紹介します。

保育士になることが夢という方の夢を否定したいわけではなく、余計なお世話かもしれませんが少なくとも保育士の私としては、現実を知った上で保育士を目指してほしいと思っています。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉・広島・静岡の保育士転職なら【マイナビ保育】

保育士の給料・待遇は低い

既にかなり多くの人に認知されてきていますが、保育士の給料ははっきりいって低いです。新卒なら手取り15万円から良くて20万円の世界です。一般企業の大卒や高卒の手取りの平均と比較してもやや少ない水準です。

しかも、毎年の昇給額も雀の涙ほどなので、将来的な給料額も高くないです。なぜ保育士の給料が低くて保育士不足でも上がらないのかは以下の記事でも解説しています。

福利厚生も特段良いわけではなく、パート・アルバイトの時給も低いです。退職金も雀の涙で、老後に3000万円を貯めるなんて夢のまた夢です。

基本的に保育士の退職金額は非常に安いです。これについても、以下の記事で紹介しています。

(ただし、公立保育園に勤める公務員保育士は異なります。)

それでいて保育園によってはサービス残業・休日出勤があったりします。じゃあ人間関係が良いかというとそういうわけでもなく、普通の会社と比べて人間関係が良い保障もないです。

もちろん人間関係については、普通の会社にも同様のリスクがありますが、保育園は小さい法人(1園しか運営していない家族経営のような保育園)が多いので、人間関係に行き詰まると逃げ場がないです。大きな会社だと様々な部署や支店などがあるので異動が可能です。

もちろん、保育士といってもピンキリなので、すべての保育園が給料・待遇が低いわけでないですが、すくなくとも他の職業と比べての給料・待遇は高いと胸を張って言えるところはないと思います。

保育士の給料は国の補助金がほぼすべてなので、ここが普通の企業と違う点です。福祉事業なので、いくら保育需要が増大していて保育士不足なっていても給料が上がらないのはそのためです。

現状では、保育士がどんなにがんばっても年収500万円が上限といったところだと思います。

そもそも国は保育士の待遇を改善する気はあまりない

そもそも国は保育士の待遇を改善する気はあまりないです。

その理由となる一つ目の制度が、2019年10月から始まった「幼保無償化」です。

保育士の待遇改善が先だろうという批判が噴出していましたが、断行される形となりました。つまり保育士の待遇改善で保育士を現場に呼び戻し保育需要を満たそうということではなく、単に保育園を無料にしてさらに保育士不足に拍車をかけた形です。

もう一つの理由となる制度が「地方裁量型認可化移行施設」というものです。これは国主導で作られた制度ですが、この制度は簡単に言うと無資格者を保育園で働かせて保育士不足を解消しようというものです。

この制度を利用すれば、認可保育園でもほぼ同額程度の補助金を貰いつつ保育士の代わりに、無資格者を最大で3分の2を登用することができます。

保育士の質を下げてでも、保育士の給料は上げたくないのが今の国の方向性になります。

これらの制度が最近できていることから、無資格者などを活用して、現状の保育士不足をギリギリで乗り切ってあとは保育士余りになったらあとは知らんという態度なのが目に見えています。

そもそも政治家からしてみても、少子高齢化なので、子育て関連の政策を強調しても票を獲得することができません。そのため、高齢者向けに政策などが充実していくのは少子高齢化の日本の現実となっています。

今後は保育需要は下がる

そして最も問題なのが今後の日本の保育需要です。2020年〜2025年で保育需要が過去最大まで高まりますが、その後は少子高齢化の影響もあって保育需要は減っていくことが予想されます。

当然ですが、フルタイムの共働きが増えるので、幼稚園の需要も徐々になくなっていきます。

つまり、今後は保育士が余っていくことになります。保育園も徐々に閉園していくことになるでしょう。保育園が閉園すると、そこで働いていた保育士は他の保育園で働くために転職活動をすることになると思います。もちろんその時に若くて体力があれば、保育士以外の他業種に転職することは可能だと思いますが、40代・50代になっていることを考えたら他業種で働くのは難しいかもしれません。

そうなると、今でこそ保育士の求人倍率は非常に高いですが、今後は求人倍率も下がってきます。

保育士が余れば、国は処遇改善はしなくなります。国が処遇改善をしているのは待機児童が増えていて、保育士が足りないからです。今ですら無資格者を働かせたり、幼保無償化をしたりと、保育士の待遇改善は後手になっているので、保育士余りになったら待遇改善がされるはずがないです。

保育園としても給料を下げても保育士が採用できるので、保育士の待遇は基本的に悪くなっていきます。今は保育士の一斉退職なども起きて、ブラック保育園に対しての抵抗手段もありますが、保育士余りの状況では一斉退職しても次の保育士がすぐに雇用できてしまいます。そして、一斉退職した保育士は働くところもなくなってしまうかもしれません。

現状の保育士不足の状態でも、なかなか処遇改善が進んでいないのに、保育士余りになったらどうなるかは考えたくもない状況です。

今後保育士になりたい人がすべきこと

保育士になるのが夢で、今後保育士になりたい人がすべきことを考えます。

自分の夢の本質を考えよう

余計なお世話かもしれませんが、保育士という職業を通して自分が何を実現したいのかという点です。

もし子どもと関わる仕事がしたいということであれば、ひょっとしたら保育士じゃなくても良いかもしれません。

もしかしたら、趣味のような形で夢を継続することもできるかもしれません。

例えば、夢であったプロ野球選手にはなれなかったが、社会人になったら趣味として週末に草野球をするということです。

どうせなら自分のやりたいこともできて、なおかつ、生活に困らないお金も稼げるのが良いですよね。

しっかりと自分のやりたいこと・夢などを考慮して保育士になるかどうかを検討してほしいです。

保育 + アルファのスキルを身につける

もう一つは、保育のスキルとは別にプラスアルファのスキルを身につけることです。

保育士余りの世界が待っているので、保育だけでなく他のスキルももっていると優位にたつことができると思います。モンテッソーリの資格をとったり英語を学んだりです。

例えば「英語」を話せるとしたら海外で幼児教育の仕事に就くことができます。日本は少子高齢化ですが、世界的に見たら人口増の流れなので日本よりも良い待遇で働けるかもしれません。

日本でも、これからの時代さらに英語を教えられる保育士の需要が高くなるので、日本で保育士として働く上でも働き場所に困ることは少なくなります。

海外の幼児関連施設で働くこともできるので、少子高齢化している日本を脱出して海外で働くという選択肢もとることができます。

保育 + アルファのスキルを身につけることで保育士としてもよりよい環境で働くことができると思います。

保育以外の収入源を作る

保育 + アルファのスキルと同様ですが、保育士の待遇は低く、国が保育士の待遇を改善する気はあまりないので、保育以外の仕事での収入源があると良いかもしれません。

例えば、土日でできるような副業など、今ではネットを活用して個人が活動できる時代なので、SNSやYoutubeなどで発信するというのも良いと思います。

ピアノや英語など、もともとできるスキルなどを活かして、誰かに教えるという仕事もあると思います。とにかく保育以外であればなんでも良いと思います。

これは、いつでも保育士を辞められるという意味で、精神的な面で安定もできる要素になると思います。

まとめ

保育士になるのが夢という方に知っておいてほしいことは以下になります。

  • 保育士の給料・待遇は低い
  • そもそも国は保育士の待遇を改善する気はあまりない
  • 今後は保育需要は下がる

今後の保育需要などは、まだまだ未確定な部分も多いので、改善に期待しましょう。

国は保育士の待遇を改善する気はあまりないので、国の政策などに左右されないような保育以外の収入源があるとなお良いかもしれません。

余計なお世話かもしれませんが、少なくとも保育士の私としては、現実を知った上で保育士を目指してほしいと思っています。

※このページを見てマイナビ保育士の登録者が増加中!

東京・神奈川・埼玉・千葉・広島・静岡の保育士転職なら【マイナビ保育】

現役保育士オススメの保育士就職転職サイト

  • マイナビ保育士|※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
  • 保育ひろば| ※日本全国の保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。

紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

日本全国の保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。

一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国どこでも転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

転職サイトは複数登録がおすすめです。

まずは保育園の求人をたくさん見たい!!

さらに欲張りな方には、

  • 保育Fine! | サイト上で求人をみつけて自分で応募します。登録するとすべての求人がみれるので、自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)
  • ジョブメドレー保育士 | 就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

の登録がおすすめです。

こちらは、転職エージェントとは違ってご自身で求人を探して応募するスタイルの転職サイトになります。担当者との電話やメールでの面倒なやり取りは不要なので、まずは求人だけを見たい という方にもオススメになります。すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

保育FINE!
転職お祝い金が最大15万円の求人転職サービスのFINE!保育士シンデレラ保育士求人って?

保育Fine!は他の保育士の求人転職サイトと違い、コンサルタントと電話でのやりとりは行いません。

基本的にはサイト上で求人をみつけて自分で応募します。自分のペースでまったり転職をしたい人におすすめです(^^)

登録するとすべての求人を見ることができるので、まずは求人を見たいだけという方にもおすすめです。

ジョブメドレー保育士
保育士の求人転職におすすめのジョブメドレーの評判口コミ。完全受け身で転職できる。

ジョブメドレー保育士は保育士だけではなく医療や介護業界の転職にも利用されている転職求人サイトになります。

就職お祝金の制度、カウンセリング、スカウトと多くの機能を備えています。

すべての求人が公開されており、すぐに応募することもできます。また、すぐに転職するつもりはなくても、とりあえず登録して求人を見ることができます。

これから保育士を目指す方【無資格・未経験・ブランク復帰】
保育士さえこ@ブラック脱出済みをフォローする
保育士の手帖
タイトルとURLをコピーしました