ブラック保育園に就職しないための新卒保育学生の就職活動マニュアル

ページ内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

こんにちは。さえこ@ブラック脱出済み(プロフィール)です。ブラック幼稚園・保育園を脱出できました(^^)

私がブラック保育園を脱出するために培ったノウハウを完全無料で公開しています。


これから就職活動をする、専門学校、短期大学、大学等の保育士養成学校に通っている学生の方。

こんな疑問や悩み、不満、経験はありませんか?
  • 絶対にブラック保育園に就職したくない
  • 保育学生向けの就職活動のコツやテクニックが知りたい

今回は、ブラック保育園に就職しないための対策方法を、新卒保育学生の就職活動マニュアルとしてまとめました。

この記事の信頼性
私は保育園、幼稚園、認定こども園で勤務した経験があります
新卒で就職活動をした経験があります
複数回の退職、転職経験があります
その経験が参考になればと思います
スポンサーリンク

保育学生の就職活動の心持ち、心構え

まずは保育学生の就職活動の心持ち、心構えについて紹介します。ある意味では、具体的な就職活動のコツやテクニックなどよりも大切なことです。

保育士が働く保育園を選ぶ時代

保育学生の就職活動の心構えとしてもっとも大切なことと言っても良いのが、今は保育士が働く保育園を選ぶ時代だということです。これはもちろん、新卒の学生の方にもあてはまります。

日本中の保育園はどこも躍起になって、あらたな保育士を採用しようとしています。保育士の待遇を改善したり、負担を減らすということで、なんとか保育士を採用したいという思いがあります。それは、保育施設は働く保育士がいないと成立しないためです。また、それと同時に今は保育士が不足している時代です。

どんなに新しくてきれいな施設を作って、備品を用意して、保護者の方もその保育園に子どもを預けたいという人が多かったとしても、働く保育士が足りなければ、規定の人数の園児を受け入れることができません。そういった意味でも保育士というのは、保育園の重要な柱を担っていると言えます。

近年、待機児童の増加の影響があり、新しい保育施設はたくさんできてきたので、それに伴って必要な保育士の人数も増えてきています。

このような状況なので、今は、保育士が働く保育園を選ぶ時代になっています。残念ながら、まだまだ世の中にはブラック保育園が存在しているというのは事実です。そのような労働環境が悪い保育園で働かないためにも、自分自身が働く保育園を選び抜くということが大切になります。

親や家族の言うことがすべてではない

保育園で働く場合に限ったことではありませんが、就職するにあたっては、親や家族が言うことにすべて従ったり、鵜呑みにするというのは良くないです。

特に、その親や家族が保育士として働いたことがないならなおさらです。たしかに、自分より経験も歳も重ねている親や家族の意見というのは参考になる部分も多いです。ですが、就職に関して言うと、その親や家族が働いている業界も違えば、時代も異なります。

例えば「大手が絶対安心!」等の助言です。これ自体が一概に間違っているとは言えませんが、親や家族が言っていることは、現代では当てはまらずに時代遅れになってしまっていることもあります。また、仕事のことも業界が違えば事情はまったく異なることも多いです。

親や家族の意見はたくさんあるなかの一つの意見として、聞いておき、それに従うかどうかは、その他の意見や情報なども踏まえて判断するべきです。

友人や先輩の言うことがすべてではない

保育士資格を取得するために、専門学校や短期大学、大学等に通っている方は先輩や友人にも保育園に勤めていたり、就職活動をしている人は多いと思います。

例えば、ある先輩が「私が働いている〇〇保育園は良いよ!」と教えてくれたとします。反対の「△△保育園は最悪らしい」というように聞くこともあると思います。

まず、仕事において「良い」「悪い」という感じ方は本当に人それぞれです。「楽なら良い」という人もいれば「やりがいがあって良い」という人もいます。そのため、先輩が良いと言ったからといって自分にも良いとは限らないということになります。

また、最近は大規模な保育園会社も増えていて、ひとつの会社がたくさんの同じ名称の保育園を各地に運営している場合があります。理念や制度などは共通しているかもしれませんが、それぞれの保育園で働いているのは全く違う人で、人間関係も全く異なります。

つまり、その先輩が働いている保育園の状況がたまたま良かっただけという場合があるということです。そして、そのような大規模な会社はどの保育園に配属されるかわからないこともあるので、そのような話を鵜呑みにしてしまうと、就職してからこんなはずじゃなかったということに繋がります。

親や家族の意見と同様に、友人や先輩の言うことも、その他の意見や情報なども踏まえて判断するべきです。

保育士ではなくても良い

せっかく資格を取ったんだからもったいないと思ったり、周囲に言われて、なんとなく保育士になるという決断をした人もいると思います。そういう人にぜひ頭の片隅に入れておいてほしいのは、別に保育士ではなくてもよいかもしれないということです。もちろん、絶対に保育士になりたいという人を否定したいわけではありません。

特に、保育士資格は、生涯ずっと有効な資格になります。つまり、新卒で保育園で働かなくても、その効力が失われたりしないということです。一方で新卒での就職活動というのは、就職浪人や第二新卒という例外を除けば、生涯一度きりの機会になります。

新卒は、これまでの人生で何を学んできたのかなどに関係なく、様々な業界の企業の選考を受けられる機会になります。保育園に就職し、一度その機会を逃してしまうと、そこからは異業種に就職するには、第二新卒として就職活動をするか、少ない選択肢のなかから未経験でも受け入れてくれる会社の募集を探すということになります。これだと、選択肢はとても少なくなってしまいます。

一方、新卒で保育園以外の業界に新卒で就職した場合に、保育園の保育士に戻るということはそこまで難しくはありません。それは、保育士資格を持っているからです。保育士資格を持っている時点で保育士として働く素養はあると認められていることになります。加えて、先程も書いたように、保育士不足という背景もあり、未経験から保育士になるということはそこまで難しくない状況になっています。

保育士になるかどうか迷っているという方は、このような考えも参考にしてみると良いと思います。

スポンサーリンク

保育学生の就職活動でまずやるべきこと

ここからは、就職活動の就職活動の心持ち、心構えが準備できた学生がまずやるべきことについて紹介します。それぞれの内容についてはこの場では説明できないので、関連する記事のリンクを載せています。

保育園の仕組みを知る

保育学生の就職活動でまずやるべきことは、保育園の仕組みを知るということです。

保育士(幼稚園教諭)が働くことができる施設の種類には様々なものがあります。

  • 保育園
  • 幼稚園
  • 認定こども園
  • 放課後等デイサービス
  • 児童発達支援事業

これら以外にもたくさんの種類があります。

さらに、一般的に保育園と言われるなかにも様々な種類があります。

  • 認可保育園
  • 認証保育園
  • 認可外保育施設
  • 小規模保育事業
  • 事業所内保育事業
  • 企業主導型保育事業
  • 家庭的保育施設
  • 訪問型保育事業

さらに保育施設を運営する母体にも違いがあります。

  • 公立
  • 私立

私立の保育施設のなかにも更に細かい運営母体の違いがあります。

  • 株式会社
  • 社会福祉法人
  • 宗教法人
  • 学校法人

既に保育園で働いている保育士の人でも違いを理解していないという人は多いと思います。

まずはこれらのそれぞれ違いや特徴について、他の人に説明ができるくらいになっておくと良いと思います。今後、選考を受ける保育施設の選択肢を絞る上で、重要な知識となります。

また、保育施設におけるお金の流れについても理解しておくと良いです。なぜブラックな保育園とそうではない保育園があるのかということが理解できると思います。

会社員の常識・相場を知る

保育園の知識に入る前に、会社員の常識・相場を知るということも重要です。保育園に保育士として雇われるということは、会社員になるということでもあるので、法律として何が最低限保証されているのかということを知るということが重要です。

例えば、保育園の面接で「うちは産休育休が取得できます!」と誇らしげに言ってくる場合があると思いますが、産休・育休は法律で決まっていて、産休は義務ですし、育休も従業員から申し出があれば断ることはできません。法律で決まっていてできてあたり前のことなので、わざわざ誇らしげに言うことではないということになります。

保育業界の常識・相場を知る

会社員としての常識や相場感を知った後は、保育業界の常識や相場の理解が必要です。保育業界に特有の事情などもあります。先程は、「法律で決まっていてできてあたり前のこと」と書きましたが、残念ながら保育業界においては、そのできて当たり前のことができていないケースもあります。そのような事情なども知っておくと、就職先を決める判断基準の一つになります。

  • 保育園の休憩事情について
  • 保育園の残業事情について
  • 保育園の持ち帰りの仕事、サービス残業事情について
  • 保育園のシフト事情について

地域を決める

保育士は地域によっても給与の相場が異なります。これは、自治体によって保育園や保育士向けの補助金などに違いがあるためです。そのため、就業する地域が決まっていないという方は、保育士の地域による違いについても考慮に入れる必要があります。

スポンサーリンク

保育学生の就職活動における求人探しの方法、具体的なコツ、テクニック

ここからは、保育学生の就職活動における求人探しの方法、具体的なコツ、テクニックを説明します。具体的な方法に関しては、ここでは説明しきれないので、以下の記事で解説しています。ここではポイントだけを紹介します。

なるべく多くの保育園の求人を見る

保育学生の就職活動における求人探しの一番のコツは、なるべく多くの保育園の求人を見るということです。

同じ地域のたくさんの保育園の求人を見比べていると、なんとなく、保育士の待遇の相場感というのがつかめてくると思います。月給はこれくらい、年収はこれくらい、月の残業時間の目安、休暇日数などです。

普通に考えれば、相場より保育士の待遇が低い保育園は、保育士が働く際に避けられる可能性が高くなります。それは、既に働いている人にも言えることで、転職を考える可能性が高くなり、離職率も高くなります。また、新たに保育士を採用する場合も、なかなか応募が集まらないということがあります。つまり、人手不足に陥りやすい傾向があります。

このように、周辺地域の相場よりも保育士の待遇が悪いということは、長く働くうえではデメリットが多いです。そういった相場感を掴むという意味でも、なるべく多くの保育園の求人を見るということが重要です。

給料は総年収で判断する

保育士の給料は基本給に加えて、処遇改善や各保育園独自の手当などが乗っかります。それに加えて、各保育園ごとにまったく金額が異なる賞与が乗っかります。例えば、基本給だけで比較してしまったり、賞与の金額を考慮に入れないで比較してしまうと、他の保育園に勤務した場合と比べて、年収が少なくなってしまうということがあります。

立地も重要

働く保育園選びは立地もとても重要です。立地というのは自分の通勤のしやすさはもちろんですが、それだけではなく、保育園がある地域や交通アクセスの良さなどです。保育園自体の利便性は、長くその保育園で働く上でも重要な要素です。

立地が良い保育園は、それだけで保護者からの利便性も高くなり、こらから就職を考える保育士にとっても選択肢に上がりやすくなります。結果的に保育園の運営自体もとても安定しやすいという特徴があります。

見学は最重要

保育園を選ぶ際の保育園見学は最重要とも言えます。保育士が働きはじめる前に保育園のことを知ることができる機会は、ほぼ見学時のみです。大規模な保育園会社の場合は、どの保育園に配属になるかわからない場合もあるので、それがネックになります。

面接対策はほどほどに

保育学生の場合は、保育園の面接対策はほどほどで問題ありません。それよりも保育園選びの方に時間を割いたほうが良いです。

大手なら間違い無い?

大手の会社に就職すれば間違いないという考えを持っている方もいらっしゃると思います。ですが、必ずしもそうとは言えません。仮にどんなに世間からも評判が良い大手の保育園であったとしても、そのなかのどの保育園に配属になるかはわかりません。先程も書きましたが、理念や制度などは共通しているかもしれませんが、それぞれの保育園で働いているのは全く違う人で、人間関係も全く異なります。大手の保育園会社だけに絞って保育園を探してしまうと思わぬ落とし穴にハマってしまうリスクもあります。

情報公開の量が少ない保育園は選択肢から外して良い

就職する保育園を探していると、

  • ホームページに書いてある情報が少ない
  • 情報が長い間更新されていない
  • 保育士を募集しているのかしていないのかもよくわからない
  • 保育士募集中とだけ書いていて、条件は詳しく書いていない

というような情報公開の量が少ない保育園に出会うことがあると思います。もしかしたら、隠れた優良な保育園かもと思うかもしれません。

ですが、保育園が公開している情報量の少なさというのは、これから保育園を利用する保護者の方ももっと未来に就職や転職を考える保育士の方にとっても不満の種になります。

未来の保護者も保育士も保育園に対して「情報が少なくてよくわからないな」という同じような疑問を持つことになります。

保護者の方が、その保育園に子どもを入園させるということをためらうようになれば、保育園の収入は悪化します。

保育士の方が、就職や転職をためらうようになれば、保育園の経営が維持できなくなります。

たしかに、可能性としては、隠れたホワイト保育園の場合もありますが、これからのさらなる少子化の時代も考えると、長い目で見た場合は、公開されれている情報が少ないということはマイナスにしかなりません。

もちろん、電話で問い合わせれば丁寧に教えてくれたり、対応してくれることもあると思いますが、その職員の対応の時間にも人件費はかかっています。

よって、このような情報公開の量が少ない保育園は、基本的には選択肢から外したほうが良いと言えます。

スポンサーリンク

保育学生が絶対にブラック保育園に就職しないための要注意な保育園の見極め方

ここからは、保育学生が絶対にブラック保育園に就職しないための要注意な保育園の見極め方について紹介します。

ホームページなどで「顔が出ているか」をチェックする

保育園に関わる人は様々な人がいます。例えば、

  • 社長、理事長
  • 園長
  • 主任保育士
  • 保育士
  • 本社の職員

の方などです。

ブラック保育園を避ける一つのテクニックとして、ホームページなどで「顔が出ているか」をチェックすると良いです。

例えば、保育園を金儲けとしてしか考えていない、保育士の労働環境が最悪というような会社(法人)の社長や理事長は、ホームページで顔を出すということをしたがらないです。

また、ブラック保育園で園長以下の職員がころころ退職するような会社(法人)の場合も、個々の職員の顔と名前などの情報をホームページ等には公開しないことが多いです。なぜなら、退職のたびにメンテナンスが必要になるためです。また、毎日辞めたいと思っているブラック保育園に雇われている職員も、自分の顔や名前を積極的にホームページ等に出したいとは思わないはずです。

保育園の会社で、職員一覧などがネットで見ることができる園はかなり少ないですが、採用ページのインタビューなどで情報を載せている場合もあります。また、保育園のブログなどでも、名前などがわかって同じ保育士がずっと更新しているというようなことがわかると、長く働いている保育士がいるということがわかると思います。

選考中に感じた違和感は働いてから10倍以上に

就職活動で保育園の見学や面接を受けていると、

  • なんだか頼りない園長だなぁ
  • ふわっとしてはっきりしないなぁ
  • 働いている保育士に元気がないなぁ

と感じる瞬間があると思います。

たまたまかと思って見過ごしてしまうこともあるかもしれませんが、このような違和感は、大抵の場合は、働き始めてから10倍以上になって感じることがあります。 頼りない園長だと思ったら、働き始めてからも同じかそれ以上にそのように感じることになるということです。

このような選考中に感じた違和感は見逃さないようにしましょう。

面接や選考が簡単過ぎる保育園に注意

続いて面接や選考が簡単過ぎる保育園に注意ということについて解説します。

例えば、

  • 面接を受けに行ったら、始まる前から合格の空気だった
  • 雑談してたら面接が終わっていた

というような保育園も出てくると思います。面接を受ける身としては楽で良いなと思うかもしれませんが、このような保育園は、離職者が多いブラック保育園で誰でも良いから採用したいという場合があります。

また、これから同僚になる先輩も、新たにできる後輩も同じような選考を通過しているということになります。きちんとした選抜されていないので、変わった人が混じっているという可能性があります。

逆に、作文も一般常識テストも、一次面接も二次面接もあるというような選考がきっちりしている保育園は、同僚の質という面でも高い可能性があります。

常に求人募集をしている保育園に注意

常に求人募集をしている保育園に注意が必要です。常に求人募集をしているということは、常に人手不足の状態と言えます。

そもそも応募者が全然来ないので、ずっと募集をしているという場合もあれば、すぐに辞めるので求人情報を出しっぱなしにしているという場合もあります。どちらにしても、保育士の労働環境は良くないということが伺えます。

こういことがあるので、これから就職活動を始める新卒の学生の方は、就職活動が本格化する前からある程度求人情報などに目を通しておくということが有効です。

求人の甘い謳い文句に注意

ブラック保育園を避けるためには、求人の甘い謳い文句に注意が必要です。

例えば、

  • アットホームな職場
  • 家族みたいに仲が良い
  • 残業が少ない
  • 休みが取りやすい

いずれも具体的ではない表現です。つまり、すべからくどのような会社でもこの表現を使うことができるということです。

人間関係最悪な職場でも、入職後にこれがうちのアットホームの形だと言われてしまえばそれまでですし、残業についても、うちはこれでも少ないほうと言われればそれまでです。つまり、具体的なことを書くことができないので、このような曖昧な甘い謳い文句を書くしかない保育園ということになります。

ゆるく働きたい、給料が安いと仕事が楽?

新卒の保育学生の方のなかには、保育業界の様々な噂などを耳にしていて、働く前から「ゆるく働きたい」と思っている方も多いと思います。それ自体は悪いことではないです。

ただ、注意が必要なのは、ゆるそうに見える保育園には、ゆるく働きたいと思う人が多く集まっている可能性があるということです。悪言い方をすると、サボりたい人が集まっているとも言えます。

保育園、特に認可保育園の場合は、ある程度統一されたルールがあるので、やらなければいけない仕事量というのは一定数あります。そのような職場のなかで、多くの人がゆるく働くということを実践することはできずに、どうしても誰かにしわ寄せがいってしまうことがあります。

結局仕事の押し付け合いになっていたり、人間関係が最悪な保育園になってしまっていることがあります。それではあれば、一見、厳しそうに見える保育園でも、働くときはしっかり働いて、抜くときは抜くというメリハリのある働き方をしたほうが、かえって「ゆるく働く」ということに近い場合もあります。

給料が安くても楽な保育園が良いという考えにも同じことが言えます。そのため、個人的には保育士の場合は、給料は高ければ高い保育園のほうが結果的に良いと思っています。

詳細は以下の記事にも書いているで参考にしてみてください。

内定は保留や辞退もできる

保育園で働く保育士に限ったことではありませんが、一度内定を受けたからと言って、絶対にその会社に入社しなければいけないというわけではありません。内定は保留してもらったり、辞退するということも可能です。会社側も、レアケースではありますが、入社前に経営が悪化して内定を取り消しとしたり、買収などで運営が変わってしまったということも稀にあります。それと同じように、学生も状況が変わってしまうということもあると思います。

もちろん、保育園によっては期限を決められたりする場合もありますが、正規職員が自由に退職できるように、内定を貰った学生も自由に辞退をすることができます。

ただし、最低限のマナーとして、辞退の意思が決まったらなるべく早く保育園に連絡をするということが大切です。

スポンサーリンク

新卒の保育学生の就職の最後の決め手は?

最後に新卒の保育学生の就職先の保育園を決める際の最後の決め手やポイントについて紹介します。

異業種の面接も受けてみる

最終的に、就業する保育園を決める前に、自分が興味のある異業種の面接も受けてみるというのもおすすめです。

先程書いたように、一方で新卒での就職活動というのは、就職浪人や第二新卒という例外を除けば、生涯一度きりの機会になります。一般的な企業がどのような選考をしているのかということは良い勉強にもなります。

また、

  • 異業種の面接で内定を貰ったけど辞退して保育士になった
  • そもそも異業種から内定をもらうことはできなかった

といういずれの場合でも、これから長く保育士として働く上で、やっぱりあの時別の業種に就職しておけばよかったという後悔を持たないためにもおすすめです。

最後は人で選ぶ

就職先を絞っていくにあたって、保育園の理念や方針、保育士の給与待遇、立地条件など様々な要素から、求人を比較検討したと思いますが、最後の決め手にすべきなのはやっぱり人です。

選考の過程で出会った園長や先輩になる保育士等の職員にどのような印象を抱いたかということを最後の判断基準に考えると良いです。

先程も書いたように、選考中に感じた違和感は働いてから10倍以上になることがあります。就職した保育士が離職を考える大きな要因になっているのが、やはり人間関係になります。逆にいうと、人間関係さえ良ければ、耐えられる部分は多くあるということです。

そのため、同じような条件の保育園で迷った場合の最後の決め手としては、人で選ぶということも大切になります。

就職後の短期間での転職はだめではない

新卒の保育学生の就職先の保育園を決める際に大切な心構えは、就職後に短期間での転職するということはだめではないということ知るということです。

よく新卒で就職した会社は、最低でも3年は働かないといけない、転職する時に不利になるという話を聞くことがあると思います。保育業界に限って言うと、短期間での転職はそこまでダメな話ではありません。何度も書いている通り、保育士不足の時代で、保育士が働く保育園を選ぶ時代です。仮に短期間での退職になったとしても、転職先の保育園はいくらでもあります。

最後の最後は、ダメだったらすぐに転職すれば良いという気持ちで、決断をするということも必要になります。

スポンサーリンク

まとめ:ブラック保育園に就職しないための新卒の保育学生の就職活動マニュアル

今回は、ブラック保育園に就職しないための対策方法を、新卒保育学生の就職活動マニュアルとしてまとめました。

このブログにまとめている保育士の転職者向けの記事なども、新卒の方向けに参考になるものは多いと思うので、そちらも読んで頂けたらと思います。

これから就職活動をする学生の方に参考にして頂けたら幸いです。