保育士の就職・転職の完全マニュアル-ブラックからホワイト保育園を目指す方法

こんにちは。保育士さえこ(プロフィール)です。

世の中にはまだまだ「ブラック保育園で悩んでいる人」が多いので、私の経験をもとに保育士の転職のノウハウを公開しています。
今は、保育士が働く保育園を選ぶ時代です。保育士は我慢せずにガンガン転職すべきです。

私は幼稚園、認定こども園、病院内保育室、ベビーシッター、保育園と転職を繰り返すことで今は割とホワイトな職場で働くことができています。何度も転職を繰り返すことで少しずつ働きやすい職場に移っていくことができました。今後もなにか不満があればまた転職するつもりです。特にブラックだった幼稚園教諭時代の経験から「保育士・幼稚園教諭はガンガン転職すべき」と考えています。

転職の際は主に転職サイトを活用していました。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職サイトになります。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。
※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

保育士の就職転職の完全マニュアル

失敗しない保育士の就職・転職方法の基本ポイント

失敗しない保育士の就職・転職方法の基本として4つのポイントを紹介します。

  • ポイント① 保育園の仕組みをしっかり理解する
  • ポイント② 保育施設の種類や特徴を理解する
  • ポイント③ 保育士向けの制度を理解する
  • ポイント④ 転職サイト・面接・見学で保育園の良し悪しを見抜く

ポイント① 保育園の仕組みをしっかり理解する

まずは、そもそも保育園というものが、誰のお金でどのような仕組みで成り立っているのか、なぜ今需要があるのか、そして、なぜ保育士が不足しているのかということを知ることが大切です。保育園の仕組みや今の保育の情勢をしっかり理解することで、保育士の保育士の給与待遇の低さや持ち帰りの仕事・サービス残業が発生してしまうのかというような部分の本質を理解することができます。

ポイント② 保育施設の種類や特徴を理解する

ひとくちに保育園といっても、様々なタイプの保育施設があります。認可保育園、認定こども園、認可外保育園、事業所内保育園、小規模保育園、企業主導型保育園、院内保育園などです。保育施設の運営母体も、公立、社会福祉法人、株式会社、学校法人、宗教法人、民間企業、非営利団体など様々あります。これらの違いによってそれぞれ特徴があり、園の特徴、保育士の働き方、給与水準なども異なってきます。

家から近い、通勤しやすいということも大切ですが、保育施設の種類はそれ以上に保育士の働き方に影響のあるポイントになります。

ポイント③ 保育士向けの制度を理解する

待機児童問題などの影響で保育士不足が騒がれていて、 国や都道府県、市区町村などの自治体は様々な保育士の待遇改善を行っています。

例えば、保育士向けの処遇改善に関しては、ただ保育園で保育士として働けば、必ず決められた金額を貰えるというわけではありません。基本的に保育園の保育士の給料の流れは 自治体→保育園→保育士 という形になっています。保育園の定員状況などをもとに運営資金として、保育士の給料などを含めた金額が保育園に入り、そこから保育士の給料が支払われます。

国や自治体が一生懸命、保育士の待遇をあげようと様々な制度を実施していたとしても、保育園が「うちは面倒だからいいや」と制度を導入しなければ、保育士はその恩恵を受けることができません。そして、その部分が保育園間の保育士の待遇の差に繋がります。制度をしっかり理解しておかないと、保育園に入職後に、他の保育園で働く保育士が貰っている処遇改善が貰えない、宿舎借り上げ制度が使えないということになってしまうかもしれません。

また、市区町村が独自に行なっている保育士向けの待遇改善などもあります。 実際に隣同士の市区でも、保育士の平均的な給与に数万円の開きがあるということも起きています。 制度をしっかり理解することは保育士が働く市区町村を決める上でも非常に大切です。

ポイント④ 転職サイト・面接・見学で保育園の良し悪しを見抜く

最後に最も重要で大切なポイントが、 転職サイト・面接・見学で保育園の良し悪しを見抜く ということです。実際に働いてから、聞いていた話と違う、想像と違ったなどは保育士の就職転職のあるあるになってしまっています。それをできる限り防ぐために、転職サイトの情報や保育園の面接・見学を通して、しっかりと自分に合う合わない、ブラックなのかということを見抜いていきます。

本サイトではこれらの情報をまとめています。

保育士が就職・転職活動前に知っておくべきこと

これから、就職・転職活動をするという保育士の方向けにまずは知っておくべき情報をまとめました。

それぞれの詳細についてはリンク先の記事を参照してください。

保育園の種類について

保育施設と一口にいっても様々な種類があります。

  • 認可保育園
  • 認可外保育園
  • 認定こども園(種類によっては、幼稚園教諭と保育士の両方の免許・資格が必要の場合も)
    • 認定こども園は幼稚園と保育所の機能を併せ持つ施設

認可保育園は市区町村が認可する保育園でおおまかに以下のような種類に別れます。

  • 認可保育園
    • 認可保育園は定員20名以上で認可基準を満たして認可されたもの
  • 小規模保育事業
    • 小規模保育事業は定員19名以下で認可基準を満たして認可されたもの

認可外保育施設は基本的には認可保育園以外の保育施設を指します。

保育園の収入(国などからの補助金)は、基本的に認可保育園、認定こども園が一番良い -> 保育士の給料も良い可能性がある
ただし、企業の保育園、病院の保育室は企業の資金も入るので例外がある -> 大企業の保育園は待遇が良い可能性がある

保育施設の待遇の良さは、以下の順になるイメージ(あくまでも、たくさんの求人を見てきた平均値で、個人的な感覚も含まれます。)

  • 認定こども園 > 認可保育園(大規模) > 小規模保育事業 > 認可外保育施設

これらの認可保育園、認可外保育施設の違いで特に保育士が知っておくべきは、「保育士の配置基準」についてです。

  • ○歳児の園児○人につき、保育者何人が必要かという基準が違う
    • 必要な最低人数は同じですが、必要な保育士の割合が認可保育園、認可外保育施設で異なる
    • 認可保育園は基本的に100%保育士である必要がある -> 保育の質は高い
    • 小規模保育事業や認可外保育施設は50%程度以上が保育士である必要がある -> 無資格者も働けるが、保育の質が低下する可能性があり

さらに、保育所(保育園、認定こども園)には二種類の運営形態があります。

  • 公立保育園
    • 公立保育園は市区町村が運営する保育園。ほとんどが認可保育園。 -> 働く場合は市区町村の地方公務員になる
  • 私立保育園
    • 私立保育園はそれ以外の民間の保育園。認可も認可外も様々。 -> 一般企業になるので、面接などで採用

加えて、保育園には複数の運営母体の種類があります。

社会福祉法人は保育にかかる税制が優遇されていて、ボーナスが多い傾向有り、ただし家族経営が多い印象。
株式会社は制度の導入が早く、最新技術も導入されている、ボーナスは少なめ、働きやすさにメリット有り -> 処遇改善費宿舎借り上げ制度、研修などが利用できる可能性が高い。

退職や転職時期について

保育士をやっていて悩むのが「退職の時期や転職のタイミング」についてだと思います。

就職転職・活動のコツ

保育士の具体的な就職・転職手順は?

何をしたら良いかわからないという方向けに、保育士の具体的な就職・転職手順を紹介します。基本的に 新卒、正職員、パート、派遣社員 の雇用形態に関わらず同様の流れで就職・転職がおすすめです。

  1. 就職・転職を決意する(決意と言っても良い保育園が見つからなければ、最終的には転職はしなくて大丈夫です。)
  2. 保育士の転職サイトに登録する(求人の内容が違うので、複数社への登録がおすすめ)
  3. 保育士転職サイトの担当者の支援のもと希望条件にあった保育園の求人を探す
  4. 良さそうな求人があれば、詳細情報を保育士転職サイトの担当者に聞いてみる(聞きたいことがあれば保育園側にも担当者が詳細を聞いてくれます。)
  5. 良さそうな求人があれば、面接日を調整する(保育士転職サイトを使えば担当者が保育園側と調整してくれます。)
  6. 面接を受ける
  7. 内定をもらう(この際に入職日、給与待遇などの諸条件を再度しっかり確認しましょう)
  8. ひとつの保育園から内定を貰っても納得行くまで就職・転職活動を続ける(内定は辞退できる)
  9. 最終的にひとつの園に就職を決める
  10. 入職の意思を伝える(他の園は断る)
  11. 入職日、諸条件などを最終チェックする
  12. 在職中の場合は、入職日にあわせて退職日を決める
  13. 退職の意思を現在の保育園に伝える(おそくとも一ヶ月前程度までに)
  14. 退職する
  15. 新しい保育園に入職する

このような流れで転職活動を進めていくのがおすすめです。

マイナビ保育士」や「保育ひろば」は特におすすめできる転職サイトになります。

  • マイナビ保育士|全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。
おすすめ
保育士転職サイト・エージェント3選
保育士転職サイト・エージェント3選
まずは転職サイト・エージェントに登録します。複数社を併用するのがおすすめです。
新着
保育士転職エージェントとの面談内容、実際に聞かれたことを紹介【カウンセリング】
転職エージェントとの面談内容、実際に聞かれること
転職サイトに登録したら面談を行います。この記事を読んで面談に備えましょう。
注目
保育士の履歴書・職務経歴書の書き方例。現役保育士のサンプル有り。【注意点】
保育士の履歴書・職務経歴書の書き方例
面接前に必ず必要になるのが、履歴書・職務経歴書です。ここでは書き方のポイントを紹介しています。
必見
面接経験多数の保育士がよく聞かれる質問や回答例、面接対策を解説【新卒就職・転職】
保育士の面接対策を解説
よくある質問など面接での対策方法を紹介しています。
お得
保育士が保育園見学で見るべきポイントや注意点。【保育学生・転職保育士】
保育士が保育園見学で見るべきポイントや注意点
ブラック保育園を見極めるには保育園の見学も大切です。
おすすめ
保育士辞めたい。ブラック保育園の見分け方と求人転職時の対策11選を紹介。
ブラック保育園の見分け方と就職転職時の対策15選
就職活動・転職活動全般におけるブラック保育園の見極め方を紹介しています。

私のおすすめの保育士転職サイト《おすすめ人気ランキング》

転職経験もたくさんあるので、苦い思いもたくさんしてきました。保育士の転職サイト・エージェント3選と選ぶポイントを解説しています。

私のおすすめの保育士転職サイト厳選3選と選び方!

転職時のブラック保育園の見分け方と対策

まだまだ世の中に存在するブラック保育園ですが、転職時にブラック保育園を見抜く方法があります。

保育士が転職活動を始める前に読んでほしい

私がブラック脱出した転職ノウハウなどをまとめています。

【2021年】今年こそは転職したいと思う保育士におすすめの考え方まとめ【令和3年度】
転職を考えている保育士の皆様。 今年こそは転職したい 毎年のようにこのように考えている方はいませんか? そのような方向けに、保育士の転職に関するおすすめの考え方などを紹介します。 絶対に転職をすべきということではなく、転職したいと思っているけどなかなか踏み出せない人向けに転職に踏み切れるようなアドバ ...
続きを読む
保育士が沖縄や離島に転職・移住する方法と求人の探し方、長所・短所を解説。
保育士の皆様。沖縄や離島への移住を一度は考えたことはないですか?都会の喧騒に疲れてしまって逃げ出したいと思ったことのある人も少ないくないと思います。 保育士の仕事は日本全国どこでも働くことができるというのがメリットの一つですよね。実は、沖縄や離島でも積極的に保育士の募集が行えれていて、本州からの移住 ...
続きを読む
保育園の保育士求人にある変形労働時間制とは?長所短所や働きやすさ・注意点を解説。
転職や就職を考えている保育士の皆様。保育園の保育士求人でたまにある「変形労働時間制」について知っていますか。あまり多くはない印象ですが、たまに「変形労働時間制」を導入していることがあります。 そもそも「変形労働時間制」とはどういうものなのか、そして保育士が「変形労働時間制」の保育園で働く長所短所や働 ...
続きを読む
持ち帰りの仕事や残業のない・少ない保育園の保育士の求人の探し方のコツ。そんな園ある?
就職や転職を考えている保育士の皆様。持ち帰りの仕事や残業のない・少ない保育園の保育士の求人をどうしても探したいという方。 そのような方向けに持ち帰りの仕事や残業のない・少ない保育園の保育士の求人の探し方のコツを紹介します。 また、残業や持ち帰りの仕事に関しては、保育園単位の問題でなく、個人単位でも改 ...
続きを読む
ノンコンタクトタイムとは?保育士が園児と接しない時間がある保育園の求人とは?
保育園で働く保育士の皆様。「ノンコンタクトタイム」はありますか?そんな時間は夢のまた夢という方もいるかもしれせん。 ノンコンタクトタイムとは、保育園で働く保育士や幼稚園で働く幼稚園教諭が園児とは接しない時間のことを指しますが、ノンコンタクトタイムがあるということは、割とホワイトな保育園と言えるかもし ...
続きを読む

保育士の給料について

保育士の賞与ってどれくらい?求人を探す上での注意点を解説【平均額】
転職を考えている保育士の皆様。「賞与」についてちゃんと考えたことはありますか?いわゆるボーナスのことです。 保育士って賞与はどれくらいもらえるんだろう? 「賞与」については保育士の求人を探す上でややこしい部分も多いです。しっかり知っておかないと入職してからこんなはずじゃなかったということになってしま ...
続きを読む
保育士が年収500万円を越えられるか。現役保育士が真面目に考察。
保育士の方やこれから保育士を目指している方。 保育士の仕事というと以下のようなイメージを抱く方も多いと思います。 保育士は激務薄給 手取り15万円以下 サビ残・持ち帰り残業 最近は保育士の暗い話題も多いです。嫌な話題だけじゃなくて明るい話もしたいです。 結論から言うと、保育士は年収400万円は手堅く ...
続きを読む
保育士の求人の固定残業代とは?ブラック保育園なの?【みなし残業】
転職を考えている保育士の皆様。保育士の求人でたまに見かける固定残業代制ってどんなものかご存知ですか? 固定残業代制ってなんのメリットがあるの? 今働いている保育園は大丈夫なの? 今回は、このような疑問がある方向けに保育士の求人でたまに見かける固定残業代制について解説します。固定残業代制は、正しく運用 ...
続きを読む
保育士の給料の平均や手取りは?処遇改善費とは?【本当に激務薄給なのか】
これから保育士として働こうとしている方、保育士で転職を考えている皆様。以下のように思っている方も多いと思います。 保育士は激務薄給って聞くけどどうなの? 実際は月の手取り額はどうなるの? 最近聞く処遇改善ってなんなの? 保育士は激務薄給って言われることが多いですが、本当のところはどうなのかを紹介しま ...
続きを読む

保育士の人間関係

投稿が見つかりませんでした。

保育士の福利厚生やお得な制度について

保育士の配置基準で考察する働きやすい市区町村は?【安全】
保育園で働いている保育士の皆さまや、転職を考えている皆様。保育園での保育士の配置基準というものはご存知ですか? なんか園児の人数に対して保育士が少ない? 保育士が足りていないから残業や持ち帰りの仕事が多いんだけど? そのような方もいらっしゃると思います。 今回は、保育士の働きやすさに大きな影響がある ...
続きを読む
【給食】保育士の福利厚生を解説。転職求人探しの注意点も教えます。
転職を考えている保育士の皆様。 保育士の福利厚生についてしっかり見極めができていますか? 保育士の就業の満足度を意外に左右するのが、それぞれの保育園の福利厚生になります。良い福利厚生があると、給料が良いという以上に満足度の高い就業環境になることもあります。 今回は、そんなとても大切な保育士の主な福利 ...
続きを読む
保育士の年間休日数の平均は?求人探しの注意点【有給休暇も】
転職を考えている保育士の皆様。保育士の年間休日について不満や疑問が多い方もいらっしゃると思います。 保育士の年間休日はどれくらいが平均なの? 有給って実際にどれくらい取れるの? 保育園の保育士求人を探す上での注意点も書いているのでぜひ参考にしてみてください。 そもそも年間休日数とは? 保育園における ...
続きを読む
保育士の社会保険の比較。求人検討する上で重要【厚生年金・健康保険組合】
転職を考えている保育士の皆様。求人を探す上で意外に見落としがちなのは、社会保険に関してです。 「社会保険」ってよくわからない 厚生年金とか健康保険組合とか国民保険とか何が何だか分からない どこの会社でも一緒じゃないの? 扶養に入りたくないんだけど? 今回は保育士として働く場合の社会保険についてと転職 ...
続きを読む

これから保育士を目指す方、未経験、無資格の方向け

地方から東京(首都圏)に上京し一人暮らしする保育士の生活レベルは?貯金はできる?
地方から東京(首都圏)に上京する保育士の生活レベルがどのようになるかを考えてみました。 結論から言うと、 東京都の保育士の一人暮らしは手取りは月額約16.5万円 固定費を除いて手元に残る生活費は月額約8万円程度 貯金はボーナス部分(年間約33万円)が人によってはできるかも ただし、保育士宿舎借り上げ ...
続きを読む
学生が保育園でアルバイトする方法と長所・短所を解説【その他の保育関連バイトはある?】
保育士を目指している学生の方、もしくはそうではない学生の方でも、子どもが好きで子どもと関わる仕事をしてみたいという方。 保育園ってアルバイトの募集はあるの? こんな疑問にお答えするために、今回は、学生が保育園でアルバイトする方法と、メリット・デメリットを解説しました。 無資格の学生でも保育園で働くこ ...
続きを読む
幼稚園教諭一種と二種、専修の違いは?切り替えはできる?保育士資格との違いは?
これから幼稚園の免許や保育士の資格の取得を考えている方向けに、幼稚園教諭一種と二種、専修などのそれぞれの違いを解説します。 それぞれの違いによる、給料や待遇への影響や保育士資格との違いについても解説しています。 また、これから資格取得を考えている方の場合は、幼稚園教諭の取得と保育士の資格の取得のどち ...
続きを読む
ピアノ弾けなきゃ保育士になれない?ピアノが苦手な保育士が回答します。
これから保育士を目指す方。ピアノについて不安に思っている方も多いと思います。 現時点でピアノを弾けなければ保育士にはなれないということはありません。 最初は数曲弾ける状態にしておいて、あとは実際に保育園で働きながら徐々に練習していけばよいです。 なので、これから保育士資格を取って保育士として働こうと ...
続きを読む
保育士試験の勉強・対策方法は?働きながらの取得は可能?
保育士を目指している方。これから保育士試験を受験しようと考えている方。 今回は、保育士試験の概要や勉強対策方法について紹介します。働きながらの取得は可能なのかという点も解説しています。最後には試験の注意点なども解説しています。 保育士試験とは? そもそも保育士試験ってなに?って方はまずは以下の記事を ...
続きを読む

保育士が真面目に考察

【保育士】仕事ができない、使えないと言われた。特徴と対処法と考え方を解説【新人やパート】
仕事ができない、使えないと言われた そんな保育士の方はいらっしゃいますか? 今回は、そんな風に思われ ...
続きを読む
保育士は国家資格なのに給料が安い?国家資格だから給与は高いべき?
保育士は国家資格なのに給料が安い! こう感じる保育士の方は多いと思います。でも、果たして本当に国家資 ...
続きを読む
保育士の仕事は忙しい?原因理由と激務や多忙の対処方法をを解説。
日々の仕事が忙しいと感じている保育士の皆様。激務多忙で保育士を辞めたいなと思っている方もいるかもれま ...
続きを読む
保育士不足はなぜ起きている?保育士にとってはチャンスなので積極的に転職しよう!
保育士不足と言われて久しいですが、なぜ保育士不足が起きているのかということを考えたことはありますか。 ...
続きを読む
保育士の仕事の悩みや質問は誰に相談すれば良い?園外の保育士友達の存在も大切【相談相手】
仕事に悩みを抱えている保育士の方。仕事の悩みの相談相手は誰にすればよいかわからない時ってありますよね ...
続きを読む

施設別の保育士の働きやすさや特徴など

雇用形態別の保育士の働きやすさや特徴など

各都道府県別の保育士の求人を探す方向けの情報

保育士の就職・転職活動において、大切なポイントに各都道府県や市区町村ごとに行っている保育士向けの処遇改善があります。

例えば、「保育士宿舎借り上げ制度」がその一つの例になります。この制度は都道府県や市区町村の財政状況や保育士の不足状況などによって実施有無が異なっています。

その他にも、自治体が保育士に手当を支給していたり、新たに市区内に引っ越しして保育士として働く方への補助や、ブランクがある保育士向けの復帰支援や就職資金の貸与・付与などを独自に行なっている場合もあります。

このような自治体の独自の制度は自分で調べて理解し、申込みを行わないと利用ができないことが多いです。自分が就業を希望する都道府県や市区町村の保育士向けの情報を知っておくことも就職・転職を成功される重要なポイントになります。

引越しや、近隣の市区町村などで就業場所を迷っている方にとっても、保育士が働く市区町村選びの参考にもなると思います。以下のリンクから参照してみて下さい。

希望条件別おすすめの保育士の転職サイトを診断!!

保育士の求人転職サイトはたくさんありますが、その人の希望する条件・保有する資格などによっておすすめのサイトが変わってきます。
下記のフォームに簡単な情報を入力すれば、あなたにあったおすすめの保育士の求人転職サイトを表示します。

あなたにピッタリの保育士の転職サイトが30秒で見つかります(^o^)

希望条件別おすすめの保育士の転職サイトを診断!!

就業予定の都道府県
保有資格

雇用条件
その他の希望条件




※まずは求人情報を知りたいというだけでもOK!

現役保育士オススメの保育士就職転職サイト

  • マイナビ保育士|特に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。登録するとネット上での検索などでは見られない求人情報も得られます。手厚い転職サポートが魅力です。※全国の正社員・パート保育士の求人に対応。
  • 保育ひろば| ※全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、茨城県にお住まいの保育士の方におすすめです。非公開の求人もたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数社に同時登録して併用がおすすめです。就職転職活動が不安な方はまずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。
保育士の転職サイトは新卒の方や未経験の保育士の方、資格取得見込みの方でも利用可能です。

になります。どの就職転職エージェントも私自身が利用したことがあるものので、安心してできると思います。しつこく電話をしてくるということもないです。

首都圏で保育士が転職活動をするなら【マイナビ保育士】が断然おすすめです。大手の安心感と非公開求人に強みがあります。

【保育ひろば】は日本全国どちらにお住まいの方でもおすすめできる就職転職エージェントになります。

大事なポイントは 複数の就職転職エージェントに登録する ということです。紹介できる求人などに差があるため就職転職エージェントは複数社に同時登録して併用がおすすめです。保育士の就職転職エージェントは「非公開求人」というネット上には公開されない求人をそれぞれサイトごとに持っています。一つの就職転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの高待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

登録後は就職転職エージェントの担当者から電話でのヒアリングがあるので、簡単に希望条件を準備しておくと良いです。

保育士の就職転職エージェントは新卒の保育士の方や未経験の保育士の方でも利用可能です。

マイナビ保育士
マイナビ保育士

日本全国の保育士のパート・正職員の求人に対応しています。登録するとネット上の検索等では出てこない保育園の求人情報を得ることができます。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。

大手ならではの情報収集力ときめ細かい転職サポートが魅力です。一都三県の保育士の方は登録必須になります。

保育ひろば
保育ひろば

日本全国の正社員・派遣・パート保育士の転職支援に対応してくれます。

取扱求人数も圧倒的に多く、非公開の求人も多数です。

良い求人が見つかったら教えてくれるので、登録しておいて損はないです。

紹介できる求人などに差があるため転職サイトは複数登録がおすすめです。

シェアする
保育士の手帖